スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)

 昨年7月、日本医科大付属病院で入院中の長男(当時40歳)が母親(67)に刺殺された事件を巡り、19日に東京地裁で開かれた裁判員裁判の証拠説明で、検察側が被害者の妻の供述調書を朗読した際、弁護側が同意していない部分を誤って読むミスがあった。

 弁護側の指摘を受け、山口裕之裁判長が該当部分を証拠から排除した。東京地検は「起訴事実にかかわる証拠ではなく、公判に大きな影響を与えるものではないが、誠に遺憾で再発防止に努めたい」としている。

 誤って朗読されたのは、妻の供述調書のうち、殺害された夫の借金に触れた部分。山口裁判長は法廷で、裁判員に対し、「被害者の借金部分は頭の中から外すようにしてください」と述べた。

<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
手動式除細動器の一部製品を自主改修(医療介護CBニュース)
<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばんひさこ

Author:ばんひさこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。